PR記事 #仕事効率化 2020/07/20

【リモートワークにも便利】試すべき仕事効率化アプリ15選!!

近年、アプリの成長が著しく進んでいます。

その結果、仕事の効率化のために企業全体でアプリの導入をしているところが増えてきています。さらに2020年のコロナ流行により、リモートワークを導入する企業の増加によって、自宅でも効率的に仕事を行うことが求められるように!! なので、これからは個人とっても、企業にとってもアプリの需要が高まります。

一方で、アプリは使ってみたいけど種類が多いため何を使うべきかわからない人が増えているのも事実。そこで今回は、30年間ビジネスの世界で効率化を求めてきた私が是非あなたにおすすめしたいアプリ15選を厳選して、紹介させてもらいます。

この記事を読み、あなたの仕事の手助けになるアプリが見つかれば幸いです。

1、アプリの種類や選び方!

(1) アプリのメリット

実際にアプリをインストールしたらどんな利点があるか説明していきます。

・officeの外でも円滑に仕事の操作可能に!
・チーム内のコミュニケーションの円滑化
・迅速なレスポンスができる!
・手間のかかる作業を効率的に

効率的に仕事をこなすためにアプリの存在は大変重要です。それはビジネスにおけるアプリは便利な世界を作るために存在するからです。なので上記のようなメリットをはじめとする様々な利点があります。

でも一つ大事なことがあります。

あなたに最適なアプリを使うことです。

もちろんアプリを使うことで便利になると思います。しかし本当にあなたにあったものを選ばないと効率化には限界があります。

なので、30年間ビジネスの世界で様々なアプリを試した私が厳選したおすすめアプリの種類や選び方を解説していきます!

(2)アプリの種類や選び方

仕事を効率化するアプリを5種類にまとめました。

・会議に使う。ビデオ系アプリ
・何かを書き留める。メモ系アプリ
・データを保存するアプリ
・コミュニケーション円滑化アプリ
・業務管理アプリ

さらに、それぞれに何種類ものアプリが存在します。
なので、あなたに合ったアプリを選ぶ必要があります。

選び方のポイント
①アプリの特徴が自分に合っているか確かめる!
②値段に見合ったサービスかどうか(無料で使えるかどうか)!
③仕事に役立てるアプリかどうか!

この3点を確認しながら、あなたにピッタリなアプリを見つけてくれたら幸いです。

2、リモート・テレワークに万能アプリ

(1)ZOOM

 

始めに紹介させてもらうのはZOOM。最近のリモート・テレワークの増加に伴って大ヒットしています。特徴は最大100人(40分)まで、さらに1対1なら無制限に無料でビデオ通話できます。そして、データ通信量がビデオ通話アプリ平均の1/10ということで、通信が非常に安定しています!

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
有料プランもあり、無制限に電話で来たり、会議を録画やダウンロードできたりします。基本的には無料で十分お使い頂ける優れものアプリです。

こんな人におすすめ!

・ビデオ会議を効率的にしたい人
・会議の時回線に不安がある人
・リモート・テレワークしている人

詳しく知りたい!

(2)Google Meet

Google MeetはGoogleによる安全対策が行われている、オンライン会議サービスです。また、 大規模イベントを行う人向けに十万人まで視聴できるサービスもあります。2020年5月まではG Suite(Googleの有料サービス)限定だったのですが、6月から無料で60分100人までご利用できます。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
中小規模の会議であれば、問題なく無料で十分お使いいただけるアプリです。

こんな人におすすめ!

・オンライン会議をする人
・高音質で安全性の高いビデオ通話がしたい人
・大人数向けの配信や会議をする人

詳しく知りたい!

(3)Texter

Texterは音声をテキスト変換してくれるアプリです。声だけでなく動画からの声もテキスト化してくれるので非常に便利。
Officeだと声だしづらいと思いますが、在宅だとしゃべるだけでメモ機能としても簡単に使えます!

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。Texterは無料でお使いいただけます。

こんな人におすすめ!

・メモをよくとる人
・音声をテキスト化したい人
・録音機能が欲しい人

詳しく知りたい!

3、多くのビジネスマンに愛されているアプリ

(1)Evernote

名前の通り「ノートのように」をコンセプトにしたアプリです。どこでもノートを作成し、いつでも簡単に情報を見つけ、誰とでもアイデアを共有することができます。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
無料版でも十分使えます。容量が必要な方はプレミア版だと容量が「60MB→10GB」になったり、端末にアクセスできるアカウントの上限がなくなったりします(無料版は2台)。

こんな人におすすめ!

・常に何か書き留めておきたい人
・チームで共同作業する人
・to doリストを作成している人

詳しく知りたい!

(2) Dropbox

Drop boxは多様なデータを一括管理できるクラウドサービスです。データを集めることによって整理整頓をし、作業に集中しやすく、よりスムーズなチームワークを築けるアプリです。リモートワークでもスムーズな情報共有ができるアプリです。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
Drop boxには3種類プランがあります。無料の「Dropbox basic」、個人有料版「Dropbox Pro」、ビジネス有料版「Dropbox business」があります。

Dropbox basic 無料(0円) 2GB
Dropbox pro 有料(1200/月) 1TB
Dropbox business 有料(1500/月) 無制限

他にも遠隔操作やファイル復元期間など料金プランによって多様な違いがあります。

こんな人におすすめ!
・多様なデータを使っている人
・チームでデータ共有してる人
・いつでも、データを引き出せるようにしたい人
・リモートでも円滑に仕事したい人

詳しく知りたい!

(3)Google ドライブ

Google ドライブは15GBもの容量をタダで使うことができるクラウドサービスです。いつでも、どこからでもアクセス可能です。さらに共有可能なため共同編集も行えます!

PC、iphone、Androidいずれにも対応しています。ビジネス用の大容量にも適応できるプランもあるので是非おすすめです。

容量(GB) 月額(円)
15GB 0円
100GB 250円
200GB 380円

このように容量が増やせます。さらに課金するとより容量が使えるため、ビジネス用にもおすすめです。

こんな人におすすめ!

・パソコンでも携帯でもデータ確認したい人
・データを共同で使うことがある人
・いろいろなデータを保存しておきたい人

詳しく知りたい!

(4)Google ドキュメント

Google ドキュメントは文章作成などに使えるワープロアプリです。また複数人での同時編集が手軽に行えます。さらに、Googleアカウントさえあれば基本的に無料で使えるアプリです。

PC、iphone、Androidいずれにも対応しています。

こんな人におすすめ!

・文章作成をする人
・共同で文章に取り組むことがある
・手軽に編集したい

詳しく知りたい!

(5)Google スプレッドシート

Google スプレッドシートは表計算やリスト作成、データ統計などが簡単に行えるアプリです。さらに、オンラインで共有し、編集ができます。こちらも、Googleアカウントがあれば誰でも無料にお使いいただけます。

PC、iphone、Androidいずれにも対応しています。

こんな人におすすめ!

・データ管理する人
・表やリストなどを手軽に使いたい人
・グループでデータ共有したい人

詳しく知りたい!

4、コミュニケーション促進アプリ!

(1) Slack

Slackはチャット感覚で気軽にコミュニケーションが取れるアプリです。前置きメールなどがいらないため、手間や時間が省けます。またこのアプリでそのまま会議ができるためリモートワークにも適してます。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
Slackは基本的なメッセージなら無料で十分お使い頂けます。もし、グループで電話が必要だったり、容量をあげたくなったりした際は有料プランも試していいと思います。

こんな人におすすめ!
・情報共有を気軽に行いたい人
・チーム内でのコミュニケーションを捗りたい人
・メンバーがそのくらい作業してるか気になる人

詳しく知りたい!

(2) Chatwork

Chatworkは世界で24万社も導入している大人気チャットアプリです。
メッセージのやりとりはもちろん、ビデオ通話や音声通話も複数人で行えるためコミュニケーションツールはこれ一つで網羅しています。
何といっても、一番の魅力は「タスク管理機能」!各自のタスクを整理しやすく、忘れや予定をしっかり管理できます。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
個人で使う際は十分に無料で使えます。4段階の料金プランもあるため気になるかたは是非チェックしてみてください!

こんな人におすすめ!

・グループでのコミュニケーションを捗らせたい人。
タスク管理したい人。
・プッシュ通知ができるため、チャットの優先順位をつけなが   ら効率的に働きたい人。

詳しく知りたい!

5、業務管理アプリ3選!

(1) タイムクラウド

タイムクラウドはメンバーが今、何をしているのかリアルタイムでわかるアプリです。簡単に打刻できるため、リモートワークでも問題なく状況が確認できます。コミュニケーションアプリChatworkとも連携可能なため、ミーティングの時間管理もしやすいです。

PC、iphoneに対応しています。個人の場合は無料で使えますが、グループで使いたい場合1人500円のプランでご利用できます。トライアルもやってるようなので是非チェックしてみてください。

こんな人におすすめ!

・全体の仕事を把握したい人。
・メンバーの状況を知っておきたい人。
・時間共有をしたい人。

詳しく知りたい!

(2) Trello

Trelloは仕事や家庭など様々なタスクを一括管理してくれるアプリです。一つ一つのタスクが「カード型」になっていて見やすく把握できるのが特徴です。「仕事中」や「連絡待ち」などのリストを作り、タスクカードを移動させて管理できます。なので、個人でもチームでも活用できます。 さらにチームメンバーの動きをひとつの画面で一括管理できるのもいいポイントです。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
Trelloは個人や少数のチームであれば無料で十分お使い頂けます!

こんな人におすすめ!

・予定をわかりやすく管理したい人。
・チームでスムーズ仕事を行いたい人。
・周りの活動を把握したい人。

詳しく知りたい!

(3) Microsoft リモート デスクトップ

Microsoft リモート デスクトップはあなたのスマホからWindowsPCのデータを参照したり、操作できたりするアプリです。
これはパソコンでしか使えないようなアプリでも、このアプリさえあればスマホからでも操作ができるのです。

また最近では、会社内での教育の場でも使われていて、教えるときに対面じゃなくても、スマホから相手のPCに指導できるという優れモノです。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。

こんな人におすすめ!

・スマホから作業がしたい人。
・リモートでも直接指示を出したい人。
・スマホから情報管理したい人。

詳しく知りたい!

(4)Sansan

CMが面白いと話題のSansanです。何といっても社内の名刺をスキャンするだけでAIが自動管理してくれるシステムが便利と人気です。シェア率も83%、利用企業6000社と内容もお墨付きです。データ上で情報共有ができるため、担当が代わっても素早く対応できます。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。
費用は公式サイトで見積もりを出す必要があります。

こんな人におすすめ!
・社外にもかかわりが多い人
・名刺などの個人情報の整理に手間がかかっている人
・リモートで会わない会議が増えている人

詳しく知りたい!

(5)Eight

名刺をカメラで保存するだけで、一括管理してくれるアプリです。Sansanとの違いはSansanは企業向け、Eightは個人向けによく使われています。Eightは名刺をデータ化し管理して、相手の近況情報がわかったりコンタクトをとれたりすることができます。

PC、iphone、Android、いずれにも対応しています。

こんな人におすすめ!

・個人で名刺管理しときたい人
・オンラインでも名刺交換したい人
・名刺が増えてかさばってきた人

詳しく知りたい!

6、まとめ

いかがだったでしょうか?

仕事を便利&効率的にするためのアプリ15選でした。

この記事を読んで、あなたが試してみようかなと感じ、よりスムーズに仕事ができる未来への手助けになれたら幸いです!