PR記事 #美容 2020/07/13

【あなたに合うシミケアが見つかる!】 シミに効くケアを徹底紹介

 

 

自分にあったシミ対策がわからない!

 

そんな悩みを抱えるあなたに、シミに効く4つのケアをそれぞれのメリット・デメリットを含めて紹介します。

1. シミって何?

シミのケアを始める前に、そもそもシミってなにか、どうしてできるのか知って起きましょう。

 

シミは、シミの元であるメラニンが蓄積し、肌が部分的に茶色く見える状態のことです。

 

シミのできる主な原因は「紫外線」と言われています。

 

紫外線を浴びると、メラニンが過剰に生成されます。

通常は肌のターンオーバーによって排出されますが、紫外線のダメージによりターンオーバーが乱れると、徐々に肌内部に蓄積していきます。

その結果、肌が部分的に茶色く見える状態(シミ)となるのです。

 

 

2.シミ予防のための基本的なケア

 

新たなシミができないよう予防するためには、シミの「基本的なケア」が重要です。

ここでは3つに分けて紹介します。

 

(1)紫外線予防

 

シミの主な原因は「紫外線」のダメージによるものです。

 

紫外線は季節や天気によって量の変化はありますが、一年中降り注ぎます。

また、フロントガラスや窓も透過してくるので車内や屋内でも注意が必要です。

 

UVカット効果のある化粧品を使用したり、日焼け止めを塗ったり、毎日の紫外線対策を忘れず行いましょう。

日焼け止めは汗で流れてしまうこともあるため、こまめな塗りなしも重要です!

 

(2)生活習慣の見直し

 

シミを予防するためにはには、肌のターンオーバーを整えることも重要です。

乱れてしまったターンオーバーを改善するため、普段の生活を見直しましょう。

バランスの良い食事や、十分な睡眠、適度な運動により、女性ホルンモンのバランスが整い、肌のターンオーバーを活性化する効果が期待できます。

 

(3)シミに有効な成分

 

シミを予防・改善するために、効果的とされている成分を知っておきましょう。

ここでは4つの成分を紹介します。

 

①ビタミンC

 

フルーツや緑黄色野菜に多く含まれる「ビタミンC」

メラニンの生成を抑えるだけでなく、還元作用が認められている成分です。

還元作用とは、酸化して濃くなったメラニンを薄くすることです。

 

②β-カロテン

 

ホウレン草や人参、かぼちゃなどに多く含まれる「β-カロテン」

体内に入るとビタミンAに変化します。

抗酸化作用があり、炎症を抑える効果が期待できます。

 

③ビタミンE

 

アボカドやナッツ類などに多く含まれる「ビタミンE」

活性酸素の働きを抑制しつつビタミンCの働きを助けてくれます。

 

④L-システイン

 

大豆や小麦などに多く含まれる「L-システイン」

肌のターンオーバーを促進する効果が期待できます。

 

シミに有効な成分を積極的に摂取するよう心がけましょう!

 

3.あなたのシミはどのタイプ?  セルフケアが有効なシミとそうでないシミ

 

シミの種類があり、種類によってはセルフケアでは薄くなりづらいものもあります。

 

より効果的にシミのケアをするため、あなたのシミがどの種類に当てはまるのかチェックしてみてください。

 

(1)セルフケアが効果的なシミ

 

①老人性色素斑

<チェックリスト>

・サイズは数mm〜数cmまで様々

・薄い茶色や濃い茶色

・顔の広範囲にある

 

②そばかす

 

<チェックリスト>

小さなシミが鼻を中心に頬骨のあたりまで広がっている

・薄い茶色

・家系にそばかすの人がいる

 

③肝斑

 

<チェックリスト>

・頬骨などに左右対称にできる

・薄い茶色で輪郭がモヤっとしている

・30〜40代ででき始めた

 

④炎症性色素斑

 

<チェクリスト>

・サイズは数mmから数cmまで様々

・茶色、褐色、黒褐色などの

・ニキビや火傷など、炎症が起きた後にできた

 

以上がセルフケアでの効果が期待できるシミです。

特に炎症性色素斑に関しては、時間をかけて肌のターンオーバーと共に自然に消えると言われています。

 

(2)セルフケアが効果的でないシミ

 

ADM(真皮メラノサイトーシス)

 

<チェックリスト>

小さな数mm程度の円形のシミが複数散らばっている

・若干青みを帯びた茶色や褐色など

・両まぶたやおでこの生え際の部分にもできることがある

 

ADMはセルフケアで改善することが難しいとされています。

 

一般的なシミは、シミの元となるメラニンが肌の「表皮」に増えることで発生します。

 

しかしADMの場合「真皮」と呼ばれる肌の深層部にメラニンが増えていることが、シミの原因となっているためセルフケアでの改善が難しいのです。

 

<肌の構造>

 

ADMの治療には「レーザー治療」が効果的とされています。

 

4.効果重視!本気でシミに効く4つのケア

 

自分に合うシミのケアってどれだろう・・

 

悩むあなたに、シミに効果的な4つのケアをメリット・デメリットはこちらになります!

 

 

メリット デメリット
美容医療 ・即効性がある

・より効果的に治療できる

・コストがかかる

・ダウンタイムがある場合 がある

皮膚科処方の薬 ・安心感がある

・自分の症状に合う薬が使 用でる

・通院する必要がある
スキンケア

(化粧水・美容液)

・手軽に手に入る

・毎日続けることで効果が 期待できる

・自分に合うものを選択す ることが難しい
インナーケア ・比較的低コスト

・手軽に手に入る

・効果が緩やか

 

 

 

5.まとめ

 

今回は、シミに効くケアをそれぞれのデメリットやメリットを含めて紹介しました。

 

美容医療のようにコストはかかるけれど即効性のあるものや、インナーケアのように比較的低コストで、効果の緩やかなものなど、選択するケアによって特徴が異なります。

 

自分にぴったりあった治療法で、効果的にくすみのない明るい肌を目指しましょう♡