PR記事 #美容 2020/06/22

これってどっち?シミとホクロの違いを徹底解説|おすすめの対策も紹介!!

 

これってもしかしてホクロなのかな?
でも、これシミにも見えるし…

「シミかホクロかはっきりさせたい!」

そんなあなたのために今回は、

・シミ、ホクロはなぜできるのか?
・シミとホクロ違い
・シミからホクロになるのか?

などについてお伝えしていきます。
女性のためのライフスタイルマガジン「PRIME」が徹底リサーチの上まとめた内容ですのできっとお役に立てると存じます。

ご参考になれば幸いです。

1、シミ・ホクロはなぜできるのか?

 

本項目では、シミとホクロができる原因をご紹介します!

 

(1)シミ

 

シミができる1番の原因として紫外線が挙げられます。

紫外線によるダメージを受けることで、メラニンが過剰に生成されます。そこに、加齢やストレスが原因で肌のターンオーバーの機能が低下するとシミの原因であるメラニンがうまく外に排出されず内部に蓄積されてしまい、シミとなります。

※ターンオーバー…肌の細胞が一定の周期で新しくなること

 

(2)ホクロ

 

ホクロはメラノサイトに似た細胞である母斑細胞の増殖が原因と言われています。

母斑細胞が増殖する原因ははっきりとわかっていませんが、紫外線によるダメージが原因の1つとも言われています。

 

2、シミとホクロの特徴

本項目では、シミとホクロの特徴について解説していきます、

 

(1)シミ

 

シミは、色が茶色っぽく大きさが3 mm以上のものが多いです。
また、左右に引っ張ることで形が変わらないものはシミです。

 

(2)ホクロ

 

ホクロは、色が黒っぽく大きさが6㎜以下のものが多いです。
また、左右に引っ張ることで形が変わるものはホクロです。

肉眼ではホクロかシミか判断するのは難しいです。また、色が均一ではなかったり、大きさが6㎜以上ある場合は悪性の疑いがあるため、皮膚科で診断してもらうことをおすすめします。

3、シミからホクロになるのか?

 

シミとホクロは、どちらとも紫外線のダメージを受けることで、増殖しやすくなると考えられています。

しかし、

・シミはメラニンの蓄積
・ホクロは母斑細胞の増殖

ができる原因であるため、シミからホクロになることはありません。

 

4、シミを増やさないために

 

シミを増やさないために、何よりも紫外線対策を心がけましょう!

「紫外線対策は、6月くらいからしていれば大丈夫…!」
なんて思っていませんか?

なんと、紫外線は3月から急激に強くなり5月~8月にピークを向かえる傾向にあります。
紫外線対策は、早い時期から行いましょう!

次におすすめの予防アイテムをご紹介します。

 

5、おすすめの予防アイテム

 

本項目では、おすすめの予防アイテムを

・化粧品
・日焼け止め

に分けてご紹介していきます。

 

(1)化粧品

①美白化粧水 W(ちふれ)

 

1,100円 (税抜) / 180ml

2つの美白成分を配合しておりコスパが良いです!プチプラ化粧水を探している方におススメです。

出典https://www.chifure.co.jp/products/skinlotion/2474

 

②リフトホワイト ローション モイスト

 

5,000円(税抜)/ 120ml

製薬会社の第一三共ヘルスケアから誕生した化粧水。VoCE 月間ランキング 化粧水部門で1位に選ばれたスキンケアで注目されています。

参照https://brightage.jp/stc/item/brightage/lift_white_lotion.aspx

 

③資生堂(SHISEIDO) HAKU メラノフォーカスⅤ

 

9,860円(税込)/ 45g

お値段は高めですが、15年連続 美白美容液市場売上No.1という事もあり、多くの方が使われている人気の美容液です。

出典https://www.shiseido.co.jp/haku/melanofocus_v/

 

(2)日焼け止め

 

シミの増加を防ぐために紫外線対策は必須です!
ここでは、さまざまなタイプの日焼け止めを紹介していきます!

 

①ANESSA(アネッサ) アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター SPF50+/PA++++

 

1,740円(税込)/ 60g

スプレータイプの日焼け止めです。
顔・体・髪まで使えて、持ち運びも便利な優れモノです!

出典https://amzn.to/3cRn1i5

 

②ホワイトニングUV ジェル AA

 

2,640円(税込)/ 90g

ジェルタイプの日焼け止めです。
スキンケア成分を50%配合しており、みずみずしい使い心地です。

出典http://anessa.shiseido.co.jp/products/suncare/whitening_uv_gel/

 

③アベンヌ ミネラルフルイド UV

 

3,300円(税込)/ 40ml

乳液タイプの日焼け止めです。
お肌にスッとなじみやすく、敏感肌の方にもおすすめです。

出典https://www.avene.co.jp/products/pc/06/

 

③サンソリットUVlock(ユーブロック)

 

7,050円(税込)/ 30カプセル

飲むタイプの日焼け止めです。
1日1粒からはじめられる日焼け止めで、塗るのが面倒な方におすすめです。

出典https://amzn.to/3f7fltA

6、シミ・ほくろを消したいなら美容医療がオススメ!

 

長年悩んでいて、すぐにでもシミ・ホクロを綺麗にしたい方はクリニックでの治療をオススメします。

本項目では、オススメのクリニックを紹介します。

 

(1)湘南美容クリニック

 

本格レーザー治療 / 8,100円~

予約受付時間 10:00~23:00
電話番号 0120-489-100

全国展開の美容外科クリニックです。シミやそばかすを綺麗に消したい方におススメ。自宅から待ち時間なしでオンライン無料相談することができます!

参考https://www.shinagawa.com/skin/whitening/

 

(2)メディア―ジュクリニック

 

レーザー・光治療 / 5,000円~

診察時間 11:00~22:00
電話番号 0120-017-768
所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
休診日 なし・年中無休

月ごとにおススメの治療があり特別価格でお試しすることが可能です。また、相談&予約がLINEで簡単にできるのがポイントです。

参考https://www.mediage.co.jp/menu/shimi/

 

(3)東京美容医療クリニック

 

マシン治療/ 7,000円~

診察時間 火・水・金・土 10:00~19:00
月・木 10:00~17:00
電話番号 03‐6709‐2656
所在地 東京都豊島区南池袋1-23-11 池袋ブロンズビル10F

年代別治療ランキングがあり、自分にあった治療が選びやすくなっています。Instagramには施術例が掲載されているのでチェックしてみてください!

参照http://tokyo-biyo.com/

 

7、まとめ

いかがだったでしょうか?
シミとホクロの違いは理解できましたか?

これからの季節は紫外線の強さがピークを向かえます。

しっかりと紫外線対策をして、シミの増加を防ぎましょう!