PR記事 #美容 2020/05/25

【超簡単】今からできるシミ対策で今年の夏を乗り切ろう!!

仕事に毎日忙しい働く女性のみなさん
自分のお肌しっかりケアしていますか?

まだ30代だしシミやしわなんてまだ私には関係ない…
そう思っていませんか?

実は目に見えない「シミ予備軍」20代後半から潜んでいるんです。
数年後の美肌のために今すぐシミ対策を始めましょう。

目次

1.シミ対策はいつからするべき?
2.シミが出来る仕組み、原因
3.こんな人は注意!シミになりやすい人、なりにくい人
(1)体質チェック
(2)生活習慣チェック
4.まずは紫外線対策
(1)日焼け止め
(2)日傘
(3)サングラス
5.今からできるシミ対策にどんなものがあるか
(1)スキンケア(美容液)
(2)サプリメント
(3)医療美容紹介
6.シミが出来てしまったら…シミを隠すメイク術
7.まとめ

1.シミ対策はいつからするべき?


まず、今現在シミが気になっている人。
もう遅いのでは?と思うかもしれませんが、適切なケアや生活習慣を整えることでシミは薄くすることが出来ます。この記事を見て今すぐ対策を始めましょう。

そして、まだそんなに気になっていないというあなた。
先ほど説明したように「シミ予備軍」はもうすでにあなたのお肌に潜んでいます。
ここから数年後にはそれらのシミ予備軍がどんどんお肌の表面にあらわれてくる…
想像しただけで恐怖ですよね。
シミ予備軍が表面にあらわれてくる前に対策をしていつまでも美しい自分でいましょう!

2.シミが出来る仕組み、原因

シミとは皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着して出来るものです。

メラニンは本来、肌のターンオーバーによって皮膚表面からはがれていきます。

紫外線や肌への摩擦刺激でメラニンが過剰に生成されたり、

肌のターンオーバーが乱れると表皮にメラニンが残ってしまい、シミとなってしまうのです。

3.こんな人は注意!シミになりやすい人、なりにくい人

(1)体質チェック

□足先が冷える
□肩こりが激しい
□生理痛、生理不順
□オイリー肌

これらの条件が当てはまるあなたはシミになりやすいです。
シミはメラニンが正しいサイクルで排出されないことで出来てしまいます。これらの条件に当てはまる方は血流が悪い体質であり、肌のサイクルも乱れやすいとされています。

(2)日々の習慣チェック

下の項目に当てはまる人は要注意!

・紫外線対策をしていない
多くのシミの原因は紫外線です。夏はもちろんですが冬であってもお肌は夏の1/4程度の紫外線を浴びているんです。冬にUVケアをしていないあなたは要注意!

・過度な食事制限やダイエットをしている
シミの中でも特に肝斑は女性ホルモンが関係しています。ホルモンバランスが崩れることでシミを誘発したり、症状を悪化させてしまいます。

・ごしごし化粧を落としたり洗顔している
お肌にごしごしと力を加えることは摩擦刺激となり、シミの原因であるメラニンの生成を誘発します。なんとなく癖でやってしまっている場合、お肌は知らない間に凄い量のダメージを受けていますよ。

・睡眠時間が短い
お肌は常に古い角質が表面から剥がれ落ちていくようなサイクルを繰り返しています。十分な睡眠がとれていないとこの肌サイクルが乱れて生成されたメラニンが排出されて行かず、シミとなってしまいます。

4.まずは紫外線対策

今すぐ出来るのはまず紫外線対策です。
これから夏がやってきて紫外線が強くなる前に揃えるべきアイテムをご紹介します。

(1)日焼け止め

日焼け止めのパッケージには二つの指標が記載されています。
SPFはシミを引き起こすUV-Bからお肌を守る効果
PAはしわやハリのなさにつながるUV-Aからお肌を守る効果

を示しています。
どちらの値も高い方が良いことは間違いありませんが、迷うときには自分の気になる悩みに強い方を選ぶようにするといいですね。

(3)サングラス

目から入る紫外線でシミやそばかすが発生する恐れがあります。長時間紫外線を目に浴びることで目から紫外線が吸収されてしまうのです。そこでおすすめのアイテムがサングラス!

レンズの色と紫外線のカットは無関係?
よくある勘違いがレンズの色が濃ければ濃いほど紫外線をカットしてくれるというもの。
実はレンズの色は全く関係ないんです。

さらに濃い色のレンズの方が瞳孔が開くために紫外線をより多く吸収してしまう場合もあるようです。

最近では日常使いが出来るようなクリアレンズのサングラスもあるようです。
中でもおすすめはZoffのクリアサングラスです。

実際にどのくらい紫外線カットの効果があるのか商品情報をチェックしてから購入するようにしましょう。

5.今からできるシミ対策

(1)スキンケア

毎日のスキンケアでシミのリスクを減らすことが出来ます。
今回は今までのスキンケアに一つステップを加えるだけで始めやすい美白美容液の利用をおすすめします。普段の洗顔後、化粧水と保湿の間に美容液を使うだけです。

含まれる美白成分は物によって異なりますが、中でも効果的といわれる成分が3つあります。

以上の三つの成分を確認するようにしましょう。

>>シミにアプローチできる化粧水の情報はこちら!!

>>シミにアプローチできるクリームの情報はこちら!!

 

(2)美白サプリメント

また、スキンケアだけではなく体内からお肌をきれいにする美白サプリメントというものもあります。

美白効果のある成分が配合されており何よりもサプリメントを飲むだけの手軽さが良いですね。

しかし、サプリメントはどれがいいのかわからず最初はなかなか始めにくいかもしれません。個々では簡単に二つ選ぶポイントをご紹介します。

①美白成分

サプリメントを選ぶときにはきちんと美白成分を確認し、効果のあるものを選びましょう。

・L‐システイン
・ビタミンC
・プラセンタ
・トラネキサム酸

②コスパ

美白サプリは最低でも2~3か月継続することが推奨されています。予算的に無理なく継続できるものを選ぶようにしましょう。

(3)美容医療機関

レーザーや光治療などのシミにダイレクトにアプローチする治療法や、ケミカルピーリングなどお肌のサイクルを整えるような治療があります。

カウンセリングを受けてから治療を行う場合が多いのでプロが選んだ自分に合った治療を受けられます。

ちなみにレーザー治療の平均予算は2万円程度、ケミカルピーリングは数千円からあります。

>>シミにアプローチできるレーザー治療の情報はこちら!!

6.シミが出来てしまったら…

もうすでにシミが目立つ…
とりあえず今すぐに何とか目立たなくしたい!そんなあなたに

シミを隠すメイク術とおすすめ化粧品をご紹介!



①下地から全体的にくすみのない肌に

カラーコントロールベースを用いることでシミをカバーすることが出来ます。自分の肌の悩みに合ったベースを使うことが大切で、シミやくすみをカバーし健康的な肌に見せるためにはオレンジやイエローのカラーがおすすめです。

②コンシーラーで部分的に隠す
下地で全体の色むらをカバーしたらピンポイントに目立つ部分をコンシーラーで隠していきます。

綺麗に隠すためには肌の色にしっかりあった物を使うことが大切です。
基本的には自分の肌色に近いものを選びますが濃いシミを隠したいときはワントーン暗い色を使うようにしましょう。
パレットタイプのコンシーラーであればシミの種類によって色を使い分けることもできます。

また、シミの範囲、大きさに合わせて選ぶことも必要です。
細かいシミであれば部分的に修正できるスティックやペンシルタイプがおすすめです。一方でそばかすなど幅広いタイプのシミにはリキッドタイプやクリーム状のもので全体をカバーしましょう。

>>シミをうまく隠してくれるコンシーラーの情報はこちら!!

 

7.まとめ

シミ対策は今から取り掛かることが大切です。
見えないシミが出てくる前にしっかりケアして美しいお肌を保ちましょう!