PR記事 #美容 2020/05/19

【2020版】シミに効果的!タイプ別の対策法を一挙ご紹介

朝起きて洗顔をした後に鏡でよくよく自分の顔を見てみると…

なんだか頬が

薄黒くなっている…!

なんてことはありませんか?

それだけで少し老けて見えたり、清潔感がなく見えたり…

シミは女性のお肌の大敵です。

夏を控えた今から自分のお肌に合った美白スキンケアを始めて、シミのない美しい肌を手に入れませんか?

この記事ではシミが出来る過程原因をしっかりとご説明します!

そのうえで多くの人から認められている、

『本当に』効果のあるシミケアをご紹介していきたいと思います。

[目次]

1.シミは消えるのか?

2.まずシミとは何なのか

3.どうすればシミは消えるの?

4.自分に合ったシミケアの選び方

5.おすすめのシミケア15選

 5‐1 洗顔

 5‐2 ピーリング

 5‐3 保湿

6.他にも…美しいお肌を保つために

7.まとめ

1、シミは消えるのか?

 

正確に言うとシミを綺麗に消すことは難しいです。

しかし、ほとんどのシミは適切にケアすることで

ほとんどわからないぐらい薄く目立たなくすることが出来るんです。

正しいケアを知り、夏本番が控える今から『シミ対策』をしましょう。

2、まずシミとは何なのか

 

シミとは皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着して出来るものです。

 

メラニンは本来、肌のターンオーバーによって皮膚表面からはがれていきます。

紫外線や肌への摩擦刺激でメラニンが過剰に生成されたり、

 

肌のターンオーバーが乱れると表皮にメラニンが残ってしまい、シミとなってしまうのです。

シミには4種類ある!?

実はシミの種類は原因によって主に四つに分けられます。

 

先ほど説明したものは日光黒子といい一番多い一般的なもので、他にも遺伝によるものや他の炎症の影響を受けて出来るものがあります。

3.どうすればシミは消えるの?

先ほど説明したように

シミはメラニンの過剰生成肌のターンオーバーの乱れが原因になっています。

 

そこでシミを薄くするための方法は主に3つあります。

①メラニンの生成を抑える

色素沈着の根本的な原因物質となる黒色メラニンの生成を抑えることでシミができにくくなります。

 

②肌サイクルを整える

お肌のサイクルが乱れることで表面にメラニンが残りシミとなっていきます。

適切なお肌のターンオーバーを保つことが出来れば皮膚表面に黒色メラニンは残りません。

③メラニンの酸化を抑える

皮膚内の黒色メラニンは酸化されるとより一層濃い色になっていきます。酸化されたメラニンを元に戻すことでシミを薄くすることが出来ます。

この三つによってシミは薄くすることが出来るのです!

 

4.自分に合ったシミケアの選び方

 

シミのタイプごとに薄くするために有効な成分が異なります。

先ほどの4タイプごとに順番にご紹介します。

 

①日光黒子タイプ

ビタミンCをはじめとする美白成分で薄く目立たなくすることが出来る。(ビタミンCはメラニンの生成を抑える作用がある。)

 

②雀卵斑タイプ

そばかすはなかなかセルフケアで薄くすることは難しいです。

美容医療機関(美容皮膚科、美容形成外科)で治療を受けるようにしましょう。

 

③炎症後色素沈着タイプ

時間を置けば自然に消えていく。しかしビタミンCやハイドロキノンで消えるスピードが速くなる。

 

④肝斑タイプ

トラネキサム酸が有効。トラネキサム酸はメラニン生成を活性化する物質の経路をブロックする役割がある。

 

自分のお肌のシミのタイプを理解し、効果のある成分を含んだ化粧品を使ってスキンケアを行うことでよりスピーディーにシミを目立たなくさせることが出来ます!

 

5.おすすめシミケア

①洗顔

 

シミの原因である肌のターンオーバーの乱れを防ぐために、毎日の洗顔で古い角質をしっかりと落とすことが大切になります。

 

また、美白成分(ビタミンCやハイドロキノン)が含まれているものはメラニンの生成を抑制したり、メラニンの酸化作用を持っているので洗顔しながら美白ケアもできます。

>>シミ対策ができる洗顔の詳しい情報はこちら!!

 

②ピーリング

 

毎日の洗顔に加えて1週間に1回程度のピーリングを行うことも有効です。

ピーリングには皮膚表面にたまりがちな余分な角質を除去する効果があります。

 

さらにAHA(アルファヒドロキシ酸)という様々なフルーツに含まれる成分によって肌のターンオーバーを促進する効果があるのです。

③保湿ケア

 

スキンケアに欠かせない保湿。もちろんシミケアでも大事になってきます。

 

前述でご紹介したシミの種類に合わせて、メラニンの生成を抑える成分を含むものや、メラニンの酸化を抑える成分を含んでいるものを選ぶようにしましょう。

>>シミ対策ができる化粧水の商品情報はこちら!

>>シミ対策ができるクリームの商品情報はこちら!

6.他にも…美しいお肌を保つために

①紫外線対策

紫外線は一番の原因になります。日焼け止め、日傘、服装の工夫で紫外線対策をしましょう。

 

中でも日焼け止めにはSPFとPAの二つの値が示されています。

SPFはシミを引き起こすUV-Bからお肌を守る効果

PAはしわやハリのなさにつながるUV-Aからお肌を守る効果

 

を表しています。シーンに合わせて使い分けるようにしましょう!

 

②食生活を見直す

食生活はお肌に大きく影響します。体内からお肌の美しさをサポートしましょう。

 

・ビタミンC

ビタミンCはメラニンの生成を抑制する効果があります。また、抗酸化作用も持ち、すでにあるシミを薄くする効果もあります。

 

・ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用を持ちシミの色を薄めてくれます。

 

例えば…トマト、アボカド、人参、柑橘類などがあります。こういった食材を食事に取り入れて体内から美しいお肌を手に入れましょう。

>>よりビタミンを摂取できるサプリメントの情報はこちら!!!

③皮膚科や美容医療を受診する

自分でケアできない…誰かに相談したい…

そんな方は美容医療を受診することで専門の医師の治療を受けることも一つの手段です。

 

シミ治療の方法としてはレーザー治療やケミカルピーリング、薬の処方など様々なものがあります。

基本的には医療機関でカウンセリングを受け、自分に合った治療をしましょう。

 

〇レーザー治療

ピンポイントでシミにアプローチしたい方に。

シミや肝斑にレーザー光を照射することでメラニンの量を減らしていきます。

>シミにアプローチできるレーザーの詳しい情報はこちら!!!

 

〇光治療

 

レーザーと異なる複数の波長を用いることで広範囲に渡ってケアが出来ます。

顔全体のシミケアをしたい方に。

 

〇ケミカルピーリング

古い角質を取り除いてお肌のターンオーバーを促進します。

シミだけでなく肌のざらつきなどが気になる方にお勧め。

 

〇錠剤、塗り薬

毎日家で薬を飲むだけ。忙しくて医療機関に通うのが大変な方におすすめです。

>>シミにアプローチできる飲み薬の情報はこちら!!!

④ストレスのない生活を

生活のストレスがホルモンバランスを崩してしまうことで肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

 

自分の生活時間をしっかりと管理し、なるべくストレスのない生活を心がけましょう。

7.まとめ

 

いかがでしたか?

 

基本的にシミをなくすには三つの方法がありましたね。

 

①メラニンの生成を抑える

②肌サイクルを整える

③メラニンの酸化を抑える

 

自分のお肌に合わせて効果的な対策をすることでシミは薄くなっていきます!

 

さあすぐ対策を始めて美しい肌を手に入れましょう!