PR記事 #仕事効率化 2020/07/28

【パッと取り出してすぐ書ける!】 オフィスで使いやすい おすすめポケットメモ帳6選

 

社会人になると、予定や業務内容などメモを取る機会が多くなると思います。

 

メモ帳はサイズや種類など様々なものがありますが、出先などでメモを取る時、コンパクトな「ポケットメモ帳」があると便利です。

 

今回は、いつでもパッとで出せて書きやすい「ポケットメモ帳」を紹介します!

 

1.あなたはどのタイプが好み?メモ帳の種類

 

メモ帳は、紙の綴じ方によって3つの種類に分かれています。

それぞれのメリット・デメリットを含めて特徴を紹介します♡

 

メリット

デメリット

糸綴じ ・丈夫

・厚みが少ない

・切り離しや2つ折りでの使用に不向き
無線綴じ ・切り離して使う際に便利 ・2つ折りでの使用に不向き
リング式 ・切り離しや2つ折りでの使用可能 ・記入する際手にリングが当たる

 

(1)糸綴じ

 

糸で綴じてある丈夫なメモ帳です。厚みが少なく持ち運びに便利です。

全てのページが糸で綴じてあり、見開きで使うことを想定して作られているため、切り離して使うと他のページが破れてしまうことがあります。

 

メリット デメリット
・丈夫

・厚みが少ない

・切り離しや2つ折りでの使用に不向き

 


 

(2)無線綴じ

 

糸や針金を使わず、接着剤で綴じてあるメモ帳です。切り離して使っても他のページが破れたり剥がれたりすることはありません。

大きく開きすぎると接着剤が弱くなり、ページが剥がれやすくなる場合があるため、2つ折りでの使用には不向きです。

 

メリット デメリット
・切り離して使う際に便利 ・2つ折りでの使用に不向き

 


 

(3)リング式

 

リングに通して綴じられているメモ帳です。

メモ帳自体を二つ折りにして使えるので立って記入する際にも便利です。

ページの切り離しも簡単で、他のページが破れたり剥がれたりせず綺麗に使用できます。

見開きで記入する際にリングが手に当たってしまうことがデメリットです。

 

メリット デメリット
・切り離しや2つ折りでの使用可能 ・記入する際手にリングが当たる

 

 

2.中紙の種類にも違いがある!「無地」「横罫」「方眼罫」

 

メモ帳は、綴じ方だけでなく中の紙の種類にも違いがあり、「無地タイプ」横罫タイプ」「方眼罫タイプ」に分かれます。

1つ1つを説明します!

 

(1)思ったまま自由に記入!無地タイプ

 

 

無地の場合は、罫線や枠線を気にせず自由に記入できるため、絵やグラフ、図などを記入する際に便利です。

頭の中に思い浮かんだイメージをそのまま書き留めておけるので、アイデアを記入するメモとしておすすめです。

 

こんな時におすすめ!

アイデアを記入する時

 


 

(2)行間が揃えやすい!「横罫」タイプ

 

 

横罫タイプは文字の大きさや行間が揃えやすく、書いていて文章が斜めになることもないため、綺麗にメモを取ることができます

行間は5mmや7mmなど種類があるため、自分の文字の大きさに合わせて選びましょう。

 

こんな時におすすめ!

主に文章を書く時

 


 

(3)図や表も綺麗にかける!方眼罫

 

 

方眼罫タイプは図や表、文字を綺麗に書くことができ、すっきりと情報をまとめやすいです。

縦横に等間隔に線が入っているため、まっすぐな線を弾きやすく図や表が簡単に書けます。また、文字の大きさや間隔を揃えやすいです。

 

こんな時におすすめ!

図や表、文章を用いて情報をまとめる時

 

3. 仕事をもっと快適に!おすすめポケットメモ帳6選

 

 

ここでは仕事におすすめの、ポケットメモ帳を紹介します。

 

(1)糸綴じ

 

「クラシックノートブック」

◇価格:2,200円(税込)

(参考価格:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

「モレスキン」というハードな黒い表紙と手帳を閉じるゴムバンドは特徴的なリアのブランドの手帳です。

今回紹介するポケットサイズの手帳は、柔らかい素材のクロスで作られたソフトな表紙が特徴で肌触りがよく、手に馴染みやすい作りになっています。

 

 

また、手帳の最後に「拡張ポケット」がついており、ちょっとしたものを挟んでおけるところもポイントです。

(引用:https://www.moleskine.co.jp/

 

「カ.クリエ ( A4×1/3サイズ)」

◇価格:380円(税抜)

 

男性のジャケットのポケットに入る、A4ノートを3つ折りにしたサイズの手帳です。

女性のハンドバックにも入れやすいサイズです。

表紙は、高級感と水に強い耐久性を兼ね備えた紙クロス表紙です。

 

 

WEBサイトからカレンダーなどのフォーマットをダウンロード、印刷して貼り付けて使用でき、多様な使い方ができます。

(引用:https://bungu.plus.co.jp/product/note/note/cacrea/others.html

 


 

(2)無線綴じ

 

「タグド ライフギア」

◇価格:488円(税込)

(参考価格:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

服に付いているクリーニングタグと同じ耐洗紙でできた、水に濡れても引っ張っても破れにくい、丈夫なメモ帳です。左上にはリングホールがついておりカバンなどに取り付けても使用できます。また、ミシン目入りで1つ1つ切り離して使用しやすいです。

(引用:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

「メモランダム」

◇価格:253円(税込)/ 2冊セット

 

名刺サイズの薄型メモ帳です。コンパクトサイズで、胸ポケットやズボンのポケットなどに入れて持ち歩くことができ、どこでもサッと取り出して記入できます。

無線綴じのため、切り離しも簡単で、メモを残しておき時にも便利です。

(引用:https://item.rakuten.co.jp/kyotobunguya/memorandum-card-life/

 


 

(3)リング式

 

「ロルバーン ポケット付きスリム」

◇価格:385円(税込)

 

片手に収まる大きさで、持ち運びにも適しています。また、中にクリアポケットが付いています。カラーバリエーションが豊富なのが特徴で、自分好みの1冊が見つけやすいです。

(引用:https://shop.delfonics.com/fs/delfonics/NRP05

 

「カ.クリエ (A4×1/9サイズ)」

◇価格:180円(税抜)

手のひらにすっぽり収まり、立ったままでも書き込みやすいメモ帳です。薄いクリーム色の紙を使用し、目が疲れにくい作りになっています。

(引用:https://bungu.plus.co.jp/product/note/note/cacrea/twin_ring.html

 

4.今日の予定がすぐわかる!便利な「To doリスト」

 

今日やるべきことを一目ですぐにわかるようにしたい!

 

という時に便利なのが、「To do リスト」です。

ここでは、便利な「To do リスト」アイテムを紹介します。

 

「スティッキー付箋メモ TODO」

◇価格:440(税込)

 

細長い形状のTODOリストを書き留めることができる付箋です。コンパクトで、接着力が強いためメモ帳の端やデスクなどに貼り付けて使用すると便利です。

(引用:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

「ウェアラブルメモ TODOリスト」

◇価格:1,199円(税込)

 

農業や市場現場で使用する目的で開発された、シリコン製の手に巻きつけて使用するメモです。

 

 

油性のボールペンで記入、消しゴムで消すことで何度でも使用可能です。

普段から手首や手の甲にメモをしている方にオススメです。

(引用:https://www.wemo.tokyo/product-band

 

5.携帯に保存!おすすめメモ帳アプリ

 

 

今すぐメモを残したい!

 

という時に便利なのが、携帯に保存しておけるメモ帳アプリです。

 

ここではおすすめの無料で使えるメモ帳アプリを紹介します。

 

「メモ帳」

 

シリーズ累計100万ダウンロードを突破したシンプルなメモ帳アプリです。

シンプルかつ使いやすさを重視し、アイデアやTODOリスト、買い物リストの記入のほか、レポートの下書きを記入するなど、勉強にも活用できます。

 

「App storeからダウンロード」

「メモ帳 – シンプルなメモ・ノートのメモ帳」をApp Storeで

 

「Google playからダウンロード」

Memo – free notepad app – Apps on Google Play

 

(引用:https://appllio.com/note-memo-apps-recommended-matome

 

「QuickMemo+」

 

付箋を剥がして貼り付ける感覚で使用できる、「Quickmemo+」

リマインダー機能も付いており、メモだけだと忘れちゃう!と不安な方にもおすすめです。

 

(引用:https://appllio.com/app-quickmemo-plus

 

また、付箋を自分好みのデザインにアレンジできるため、予定や記載する情報に合わせてデザインを変え、わかりやすくてまとめることもできます。

 

「App storeからダウンロード」

「付箋todoメモ帳 QuickMemo+」をApp Storeで

 

「Google playからダウンロード」

 

Sticky todo Note QuickMemo+ – Apps on Google Play

 

(引用:https://apps.apple.com/jp/app/fu-jianmemo-zhang!-quickmemo+/id513272765?mt=8

 

6. まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、必要な時にパッと取り出して書き込める、「ポケットメモ帳」を紹介しました。

 

「ポケットメモ帳」の中にも無線綴じやリング式など様々な種類があり、ポケット付きなど機能性に優れたものもたくさんあります。

 

お気に入りのポケットメモ帳を使って、大事な情報をすぐ書き込めるようにしておきましょう♡

 

RECOMMEND関連記事