PR記事 #美容 2020/07/06

「焼けたね〜」とはもう言わせない!日焼け前の肌に戻す美白ケア

夏が始まるといちばん気になってくる日焼け。

海などに出かけていないのに友達に「海行った?」「焼けたね〜」と
言われることが多い方もいるのではないでしょうか。

友達に今年こそはそんなことを言わせない!

今回は、日焼け後に大切なケア方法、
そして美白ケアに役立つアイテムをご紹介していきます♡

 

 

 

 

1.日焼けしてしまうのはなぜ?

 

 

そもそもどうして紫外線を浴びることで日焼けしてしまうのか。

紫外線には、
弱いエネルギーを持つUV-Aと強いエネルギーを持つUV-Bの2種類があります。

UV-Aは、太陽から届く紫外線の9割を占めます。
肌の奥まで侵入し、肌を黒くさせる作用があります。

さらにUV-B波を浴びることで、肌が炎症を起こし
赤くなったりヒリヒリすることがあります。

 

 

日焼けはシミの原因にも…

 

 

さらに、
日焼け直後はただ肌が黒くなるだけでも、
10年後にはシミになっている…ということもあるんです。

皮膚は、紫外線から肌を守るためにメラニン色素というものを生成します。

しかし、紫外線を浴びすぎると
皮膚の中に過剰に作られたメラニン色素が残ってしまい
シミにつながっていきます。

そのため、シミはまだできてない!という方でも
今のうちからしっかりシミ予防や美白ケアを行うことが大事です!

 

 

2.焼けたらこれをやろう!日焼け前の肌に戻す方法

 

 

夏も本格的に始まり、旅行やおでかけする人たちもだんだん増えてきました。
紫外線を避けるためにまったく外出しない!というわけにもいきませんよね。

ここでは、紫外線をたくさん浴びた時のケア方法をご紹介します!
今すぐ取り組んで、日焼け前の肌を目指しましょう!

 

 

(1)まずは肌を冷やしてクールダウン

 

 

日焼けしたら、まずはやけどと同じように日に当たった部分をしっかり冷やしましょう。

水や濡れタオル、氷などを肌に当てて、優しく冷やしてください。
強くこすってしまうと肌に刺激を与えてしまいます。

また、脱毛後のアフターケアなどで使用するような
消炎作用のあるジェルを塗るのもおすすめです!

 

 

飲む日焼け止めやビタミンC点滴も効果的!

 

 

ほかにも、うっかり日焼けしてしまった!というときには
日焼けによる肌の赤みや炎症を抑える防ぐ成分
ニュートロックスサンを含んだ飲む日焼け止めも効果的と言われています。

また、日焼け直後のビタミンC点滴もおすすめです。

日焼けによってできた活性酸素を除去する作用があるため、日焼けによるダメージを減らすことが期待できます!

 

 

(2)赤みやヒリつきが収まったら美白ケア!

 

 

肌の赤みやヒリつきが収まってきたら、
美白有効成分」の入った化粧品を使ってみましょう。

美白有効成分は、
日焼けによるシミやそばかすを防ぐ効果がある成分のことを指します。

 

主な美白有効成分として、以下のものが挙げられます。

 

 

①美白化粧品を使う

 

美白有効成分が配合された化粧品には、化粧水から美容液、クリームまで
さまざまなものがあります!

コツコツ使い続けることが美白へとつながっていくので
これならずっと使える!というものを選んでくださいね。

おすすめの美白化粧品はこちらの記事でも紹介しているので
気になった方はぜひご覧ください!

▶︎ 10年前の肌になれる!?シミ・くすみを化粧品で改善に導く方法をご紹介!

 

 

 

また、美白対策ではサプリメントを飲んだり、
皮膚科で内服薬を処方してもらうことも有効です!

気になった方は
詳しく解説しているこちらの記事もご覧ください♡

▶︎ 【飲み薬でシミ対策ってどうなの?】 飲み薬のメリットとオススメ成分とは

 

 

②角質ケアも取り入れよう

 

 

美白化粧品に加えて、角質ケアも取り入れると良いでしょう。

肌の古い角質を取り除くことで、肌のターンオーバーの周期が整い
皮膚からどんどんメラニンを排出させることができます。

顔の角質ケアには、主に以下のようなものがあります!

 

 

3.これ以上焼けないためにも必要なこと

 

 

もちろん、美白ケアを行ったうえで
日頃の日焼け対策もサボってはいけません!

 

(1)日焼け止めをこまめに塗る

 

 

日焼け止めを、朝塗って夜までそのまま!という生活を送っていませんか?

よく日焼け止めに記載されている「SPF35」などの表記は、

その人が日焼けする時間を35倍遅らせる

というような意味合いになっています。

なので基本的には2〜3時間おきに日焼け止めを塗り直し、
常に焼けにくい肌をキープしましょう!

 

 

(2)日焼け対策グッズを活用!

 

 

日焼け止め以外にも、日差しが強くなる夏には
日傘や帽子、サングラスなどの日焼け対策グッズも活用しましょう。

日焼け止めと合わせて、オシャレ度もUPさせるおすすめの日焼け対策グッズは
こちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください♡

▶︎ 【2020年版】シミやそばかすを消すには?キレイな肌で夏を過ごす方法を教えます♡

 

 

4.まとめ

 

 

日焼けした肌から元の肌に戻すには、
そのあとのケア日頃のケアがかなり重要になってきます!

夏の終わりに「焼けたね〜」とは言われない肌になれるよう
今日からぜひ取り組んでみてくださいね♡