#エディターコラム 2021/01/14

音楽がなきゃ生きていけない!ワイヤレスポータブルスピーカーでおうちをライブハウスに

コロナ禍でイベント関連がが自粛になってもう1年。ライブやコンサートでしか味わえない興奮とアーティストの輝きは何ものにも代え難い最高の時間ですよね。
筆者の私にとってもライブは生きがいであり全ての原動力。4歳で始めたピアノを皮切りに音楽のない世界は考えられないほど、音と共に生きてきました。

それでも今は我慢の時と、YouTubeや音楽サブスクで癒しを得る日々ですが、テレワークになったことで音楽を楽しむ時間に充てていた通勤時間が減少…通勤が苦じゃなかったのも音楽のおかげだったんだなぁと尊さが身に染みるばかりです。

そんな中、昔スピーカーを天井にぶら下げたいと割と本気で考えていた時期があった事を思い出しました。無印良品の壁掛けCDプレイヤーがちょうど流行していた時で、でもいちいちCDを変えるのは面倒くさい…と踏ん切りつかぬままワーママ生活でワタワタしている間にそんなことは忘れていったわけですが、自宅で仕事をするようになった今、その思いが再熱。

そして時代は進化し、今は携帯1つで好きな曲が聴ける便利な時代。
でも携帯のスピーカーは音質を楽しむには物足りないし、イヤホンで日中耳を塞いでいるのもあまり…ということで、私が最近導入したのがSONYのワイヤレスポータブルスピーカー。

人によっては今更?というレベルでしょうが、子供がいれば音楽をスピーカーの高音質でゆっくり聴くなんて時間はとてもじゃないですが取れないのです。
しかしテレワーク生活が幸か不幸かその時間を私に与えてくれることに。

こちらが今日から私の仕事のお供になったSONYのワイヤレススピーカー「SRS-X1」。

手のひらサイズながら、歪みの少ないクリアな音。高品質なサウンドに音心地よい重低音。
久々にちゃんとスピーカーから発射される音楽に、アーティストへの想いがよみがえり、ときめきと感動すら覚えました。

また、自宅でのワークは気分によって場所を変えられるのがメリット。ワイヤレスでコンパクトなスピーカーは、自分と一緒にどこにでも連れていけます。
今日のワークスペースを決め、パソコンを開いたら横でこの子のスイッチもオン。携帯とBluetooth接続するのでコードのストレスももちろんなし。

自分の好きな音楽とともに、リラックスモードで取り組むテレワークは、前よりも少しウキウキした気分で取り組むことができるように。

本当に手のひらサイズなのでインテリアの邪魔もせず、気軽に購入することができます。

マンション暮らしのためそこまで大きな音は出せませんが、コンパクトながら迫力の重低音を楽しむことも可能。置く場所によってはかすかな振動さえ感じるほどビートが体に染み込んできます。

ちなみに私が愛用しているSRS-X1は、スピーカーから360度全方向にわたって、サウンドが広がるタイプ。小さいながらまるでライブハウスにいるような音の快感に包まれます。子供が学校に行っている間に、できる限りの音量で好きな曲を好きなだけ楽しむのがライブに代わる私の今の至福の時間です。

SONYのワイヤレススピーカーは高音質タイプでは1~2万円ほどで購入可能。その他グレードよって数千円~用意もあるので公式HPでチェックしてみてください。

文:編集部A.O

 

 

 

RECOMMEND関連記事