PR記事 #美容 2020/05/07

シミの原因とメカニズムを完全理解!3つの適切な防止方法と改善方法


「あれ、いつの間に顔のこんなところにシミが?」「なんで顔にシミができたんだろう。原因が知りたい」いつも通りの何気ない日常を過ごしていただけなのに、このように悩まされた経験はありませんか?

ほんのわずかな小さいシミでさえ、できてしまったことでついネガティブな気持ちになってしまいますよね。「シミはできて当たり前」、「できたらそのとき対処すれば良い」これらの考えは全て間違いです。シミは予防することもできますし、発生した後もシミを治すこともできます。

大切なことは、シミができる原因を理解し、シミが改善されるメカニズムを知ることです。そうすることで意識的にシミを改善することができ、予防にもつながります。

本記事では、シミができる原因はもちろん、シミの予防方法やシミの改善方法まで詳しく紹介しています。肌本来の美しさを取り戻し、保つために、ぜひ本記事にて紹介していることを実践してみてください。

1.シミの原因とそのメカニズム


シミができる原因はさまざまですが、主な原因としては紫外線と老化や生活習慣の乱れによるターンオーバーの乱れによるものです。

シミの原因とそのメカニズについてしっかりと理解することが一番のシミ対策であると言っても過言ではありません。

1-1.紫外線によるメラニン色素の生成


シミが発生する最大の原因は、紫外線によってメラニン色素が生成されるためです。

メラニンは紫外線を吸収して肌の細胞を守る働きをしてくれます。しかし、紫外線を浴びることで肌を守ろうと過剰にメラニンが生成され、結果的にそれがシミとして肌に残ることになるのです。


出典:
第一三共ヘルスケア|シミの症状・原因|くすりと健康の情報局

日焼けによって肌が黒くなることも、紫外線とメラニンが関係しています。日焼けをしにくい体質の方は、メラニンが少ない事から比較的に肌が黒くなりにくいですが、依然として紫外線によるダメージは浴びていることになります。

1-2.老化や生活習慣の悪化によるターンオーバーの乱れ


一定のサイクルで肌が生まれ変わることをターンオーバーと言います。このターンオーバーが乱れることもシミができる原因の一つです。

ヒトの肌は表皮と真皮に分けることができ、表皮の一番奥には基底層と呼ばれる層が存在していることをご存知でしょうか?基底層からは皮膚細胞が生成され、それが表皮の表面にある角質層へとだんだん移動していき、先ほど生成された皮膚細胞は角質層からやがて剥がれ落ちていきます。この細胞の流れが約4~6週間のペースで肌には起きており、これがターンオーバーの簡単なメカニズムです。

問題なのはターンオーバーの周期が乱れてしまうことにあります。生活習慣の悪化など、なんらかの原因で周期が遅くなると、本来角質層から剥がれ落ちるはずのメラニンを含んだ細胞が表皮に溜まっていき、最終的にはシミができてしまうというわけです。

また、アンチエイジングという言葉があるように、老化も肌のターンオーバーを遅らせる原因になります。

2.シミの種類

シミには種類があり、それぞれ原因や対処方法が異なります。主なシミは以下の4種類になります。

2-1.老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)


出典:
ハイチオール|日光性黒子-シミの種類

これまでに浴びてきた紫外線のダメージが蓄積されてできたものです。一般的にはこのシミである場合がほとんどで、30代以上の男女に多くみられるようになってきます。日光性黒子とも呼ばれます。

老人性色素斑がさらに進み、酷いものになると脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)と呼ばれるイボのように膨らんだものになります。

老人性色素斑を防ぐためには、できるだけ日光(紫外線)を浴びないことが大切です。

2-2.肝斑(かんぱん)


出典:
ハイチオール|肝斑-シミの種類

肝斑は目の周りを避けてできるシミで、主に女性によく生じると言われています。原因は明らかになってはいませんが、妊娠などのホルモンバランスが乱れることで誘発されることが多いため、女子ホルモンによる影響が大きいと考えられています。

なるべくホルモンバランスが乱れる行動は避け、ストレスのない生活を送りましょう。

2-3.雀卵斑(じゃくらんはん)


出典:
ハイチオール|雀卵斑-シミの種類

いわゆるソバカスと呼ばれるものです。雀卵斑は遺伝による影響が強いと言われており、小さい頃(主に3歳〜)から発症するケースがほとんどで、目の下から頬にかけて発症します。また、顔だけでなく背中にもみられる場合があります。

基本的には大人になるの連れて(20歳前後)自然と消えていきます。それでも消えずにむしろシミが濃くなっていく場合は、雀卵斑ではない可能性があるので専門医に診察してもらいましょう。

2-4.炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)


出典:
ハイチオール|炎症後色素沈着-シミ種類

火傷やニキビ、虫刺され後から発症するシミです。基本的に肌のターンオーバーにともない、徐々に薄くなっていきます。

このタイプのシミは、ターンオーバーを促進させることでシミが薄くなるため、後述するシミの改善方法を参考に、ターンオーバーをできるでけ正常に保つことを心がけてください。

3.シミを放置することで起こる悪影響


シミを放置すると少なからず悪影響が生まれます。一体どのようなどのような悪影響があるのでしょうか。

3-1.イボへと変わる


シミを放置しているとやがてイボへと変わります。

先述したシミの一種である老人性色素斑というシミが、長年そのまま放置されることによって脂漏性角化症、つまりイボへと変わるのです。

これには先述したターンオーバーの乱れが大きく関係しています。ターンオーバーの乱れによってメラニンが排出されず、シミが生成してだんだんと蓄積されることによって、シミが実際に盛り上がり、やがてイボへと変化します。

基本的にイボは悪性にはならないと言われていますが、治療する際に費用が高額になったり、治療法が限られてくるといった事態が想定されます。

3-2.老け顔に見える


これは肌への影響というわけではありませんが、DHC「Cゾーン」PR事務局が行った調査では、顔にシミがあると、見た目年齢が7歳以上も老けて見えるという結果が出ました。

これは実にショックな結果ではないでしょうか。他にもシミがある顔の印象について問うと、「顔が暗く見える」、「汚れて見える」、「辛薄そうに見える」「弱々しく見える」など、ネガティブな印象が圧倒的に多いことが明らかでした。

シミがあって良いことなど一つもないということがわかります。

4.シミの原因を防ぐには?


シミの原因をがわかったら、実際に対策することを心がけましょう。本章では、先述したシミの原因に対して、どのようにシミを防ぐ対策をすればよいのかを説明します。

4-1.UVカットを怠らない


みなさんはUVカットという言葉を聞いたことはないでしょうか。UVカットは紫外線の波長の長さによって3種類に分けることができます。地表に届くUVはUV-AとUV-Bの2種類があり、UV-AとUV-Bにはそれぞれ特徴があります。

UV-A:肌の弾力を失わせ、シワやたるみの原因となる紫外線。波長が長く、皮膚の表面を通り抜け、真皮まで入り込みます。

UV-B:波長が短く、皮膚を赤くさせ、シミやそばかすの原因となります。日焼けの原因にもなります。

つまり、UV-Bをカットすることによって、シミや日焼けを防ぐことができるというわけです。ここでは、どのようにしてUVカットをすれば良いのか3つ紹介します。

①服装にこだわる

服装次第で、効果的にUVカットをすることができます。

紫外線を直接肌に浴びるのと服を通して浴びる違いは皆さんも経験したことあるのではないでしょうか?夏場の半袖焼けや、外でスポーツをしたときにできる靴下焼けなど、肌が隠れていた部分とそうでない部分の差は歴然だと思います。

実は、色によって紫外線が通る割合は異なります。黒などの濃い色は比較的紫外線を通しにくく、白などの明るい色は紫外線を通しやすいという特徴があります。

また、服の生地によっても紫外線の通しやすさは異なります。ポリエステルやウールなどは特殊な加工をせずともUVカット率が高いため、紫外線対策に効果的です。しかし、風通しが悪く熱がこもってしまうという弱点があります。それに対して、ナイロンや麻は紫外線を通しやすい素材です。

それぞれ特徴があるので、必要な機能を備えた服装をしましょう。夏場は特に紫外線が強いため、UV加工されている風通しの良い服装が一番の紫外線対策です。

②日焼け止めを塗る

「いちいち服装の色とか生地とか気にしたくない!」そんな方は日焼け止めを効果的に使用しましょう。日焼け止めの中に含まれる成分によってその効果が変わるため、それぞれの特徴を理解することが大切です。

まず、日焼け止めにはSPF値とPA値があるのをご存知でしょうか?

SPF:肌を赤く炎症させ、シミの原因でもあるUV-Bの防止効果を示す指数であす。1〜50+までの範囲で数値がり、数値が大きくなるにつれてUV-Bの防止効果が高く、紫外線を浴びてから肌が炎症するまでの時間が長くなります。

PA:肌の弾力を失わせ、シワやたるみの原因であるUV-Aの防止効果を示す指数です。+〜++++の範囲で指数があり、+が多いほどUV-Aの防止効果が高くなります。実際に日焼け止めを選ぶ際には、目的にあったSPF・PA値を選びましょう。

海やバーベキューなどの紫外線を浴びる時間が長いレジャーの場合は、SPF50+・PA++++とUVカット率がかなり高い日焼け止めが最適です。

短時間の外出(軽いスポーツやウォーキングなど)では、SPF30・PA+++前後で問題ありません。

さらに、とことん紫外線の影響を防ぎたい人は、家にいるときなどの日常生活でも日焼け止めを使用することをおすすめします。しかし、その場合はSPF10〜20・PA++前後のもので構いません。

③日傘をさす

これも日焼け止めに続き、効果的に紫外線をカットできるアイテムです。

日傘は、紫外線をカットできるだけでなく、人工的に日陰を作ることができるのが魅力です。そんな日傘ですが、UVカット傘や遮光傘といった種類があります。

UVカット傘はUVカットをするための特殊なコーティングがされており、今ではUVカット99%というのも珍しくありません。

遮光傘はUVだけでなく太陽光も遮る優れものです。遮光という表現は基本的にUVカット率99%以上であることが原則です。

日傘を選ぶ際には、ただUVカットと表記しているものではなく、具体的に何%カットしているのかわかるものを選ぶようにしましょう。

4-2.健康的な食事を心がける

食事管理からもシミを効果的に予防することができます。シミ予防に効果のある栄養素はビタミンA・ビタミンCなどです。ビタミン類はシミの原因であるメラニンの生成を抑える効果や、紫外線などの刺激から肌を守る働きがあります。

それぞれどんな食材に多く含まれているのか紹介します。

①ビタミンAを多く含む食材

ビタミンAは、新陳代謝を促して肌のターンオーバーを促進させ、メラニンを排出させる効果があります。新陳代謝が滞ってしまうとターンオーバーが適切に行われなくなり、シミができる原因になりかねません。

そんなビタミンAを多く含んでいる食材は、なんと言っても一番はレバーです。鶏、豚ともに含有量が高いことがわかっています。他にもうなぎや人参なんかも目安量あたりのビタミンA含有量が多いです。

②ビタミンCを多く含む食材

人間は体内でビタミンCを生成することはできません。そのため、食事により効果的にビタミンCを摂取しましょう。ビタミンCにはメラニンの沈着を防ぐ効果があるため、シミ予防には欠かせない栄養素となります。

ビタミンCを多く含んでいる食材として有名なのが、オレンジ、イチゴ、パイナップルなどのフルーツ類です。他にもピーマンやキャベツなどの緑黄色野菜にも多くビタミンCは含まれています。

>>より効率よく栄養素を取り入れられるサプリメントの情報はこちら!!!

4-3.十分な睡眠をとる

睡眠を十分に確保することでシミ予防につながります。

成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、睡眠によってターンオーバーを正常に保つことができるのです。肌のターンオーバーを促しているのは実は成長ホルモンであり、寝不足が続くと成長ホルモンの分泌量が低下してしまい、ターンオーバーの周期が遅くなる原因となります。そうなることで肌にメラニンが蓄積され、シミが発生してしまいます。

可能ならば7時間以上、最低でも6時間は睡眠をとることでホルモンバランスを整えることを意識し、シミ予防を行いましょう。

5.発生したシミの改善方法


「シミを予防できることはわかったけど、すでに発生してしまったシミを治すことはできないの?」という疑問が生まれたかもしれませんが心配入りません。すでに発生してしまったシミについても改善方法はあります。本章ではどのような方法があるのか3つ紹介します。

5-1.美容化粧品を使う


先述した脂漏性角化症などは美容化粧水では薄くすることができませんが、美容化粧品を使用することで、ニキビや火傷跡からなるシミや、ホルモンバランスの乱れによってできるシミ(肝斑)などは薄くすることができます。

シミ改善に効果のある美容化粧水の選び方は、美白有効成分を配合しているかに注目しましょう。美白有効成分とは、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸と呼ばれるアミノ酸のことです。シミの元を抑えて炎症を抑制する効果があるので、シミ改善にもなり、予防にもなります。

>>シミ改善できる化粧水の詳しい情報はこちら!!!

5-2.レーザー治療を行う


レーザー治療はみなさんが最もよく聴く治療法ではないでしょうか。

シミに直接レーザーを当てることによって、シミを改善する治療法です。メラニンは光を非常に吸収しやすく、特定の波長を当て続けることでメラニンのみが熱崩壊を起こすのでレーザー治療が効果的であるということになります。

レーザー治療の相場は、シミ1mmあたりのおよそ2000円、5mm以内のシミは5000円と、小さなシミであればあまり費用はかかりませんが、大きなものや複数のシミを治療したい場合は費用がかさむ可能性があります。

またレーザー治療による痛みは、メラニンが光を吸収することによって熱を発生するために起こるものです。我慢できる程度の痛みですが、場合によっては麻酔クリームを塗った上でレーザーを当てることもできます。

>>レーザー治療の詳しい情報はこちら!!!

5-3.ケミカルピーリングを行う


ケミカルピーリングとは、肌に直接薬剤を塗り、古く余分な角質層を取り除くことで肌を生まれ変わらせる治療法です。肌への負担がレーザー治療に比べて少なく、ダウンタイムもほぼありません。

しかし、レーザー治療に比べてシミが改善するまでの期間が長く、ケミカルピーリングを行う回数は5〜10回が目安であり、期間はおよそ半年とかかってしまいます。費用としては部位にもよりますが、1回10,000円前後が相場です。

ダウンタイムがほとんどないため、時間はかかっても周囲に気づかれたくない人におすすめです。

6.まとめ


シミがあるだけで気分が憂鬱になったり、老けてみられたり、放っておいても良いことは一つもありません。シミは予め予防することができますし、できてしまったら改善することもできます。

シミができてしまったからといってナガティブになるのではなく、生活習慣や美容について認識を改めることができると前向きに捉えましょう。

本記事を参考にシミの原因を理解し、防止または改善に取り組んでください。

RECOMMEND関連記事